ダイエットサプリのイメージと現実

ダイエットサプリってどう思いますか、と質問してみると、高いけど楽そう、ほんとに効くのかわからない、危なそう、など人によって様々な感想が返ってきます。
痩せるために飲む錠剤だと思っている方も多いでしょう。
けれども、実はそういうものではないのです。
では、まずは言葉の意味から掘り下げてみたいと思います。
そもそもダイエットとはなんのことでしょうか。
痩せること自体を指している日本人は多いのですが、意味としては、健康のことを考えて成分や品質を検討した飲食物のことをさします。
つまり「痩せること」をさしているのではなく、健康または美容目的に調整された食事をさしています。
つまり、太っているひと、痩せている人、肌つやが悪い人、皮脂が多い人など、それぞれの体質に合わせた改善を行うための「規定食」のことをさします。
思ってたのと違う、と思う方も、多いんじゃないでしょうか。
実は筆者もすっかり「痩せること」だと思っていたのでびっくりしました。
それでは、サプリの意味も見てみましょう。
正式にはサプリメント、つまり補って足すことを意味します。
普段の食事なんかでは取りきれていない栄養素を足すためのもの、というわけです。
お薬は病気になってしまった体を治すためのものですから、全く別ものであることがわかりますね。
つまりダイエットサプリとは、改善すべきゴールに向かって調整し、不足分を補う飲食物、ということですね。
ただ、食事規定して太る、という方向で取り組む人が少ないため、痩せるための食事制限や運動などの取り組み、と考えてしまい、痩せるには運動が必要、という部分と相反するため、ズルしているような気がしたり、飲むだけで痩せるなんて危なそう、というイメージになったと思われます。
では全く安全か、と言われると、ちょっと素直にはうなずけないのにもわけがあります。
どうしてうなずけないのでしょうか。
答えは先ほどの内容の中に含まれています。
そう「それぞれの体質に合わせた改善を行うための規定食」への「補助食品」だからです。
やはり痩せるために飲むものをイメージしがちですが、その人が脂肪で重いのか、便秘で重いのかで、使用するものの種類はは違うと思いませんか。
自分の体質や健康状態を理解した上で摂取する必要がありますよね。
とにかく体重量を減らしたい、では、効かなかったり、身体に合わなくてかえって体調が悪くなる、なんてことにもなりかねません。
また、海外の製品の中には、日本では使用が認められていない成分が入っていることもあり、それも危険だといわれる原因の一つとなっています。
体に足りないものを手軽に摂取できるのは魅力的ですが、ぜひ、自分の体質や特徴を理解した上で、取り入れてみたいものですね。

更新情報

2014-11-18
ダイエットサプリのイメージと現実の情報を更新しました。
2014-11-18
部分やせ セルライト向けってあるのの情報を更新しました。
2014-11-18
生活習慣に合わせた選びをしてみようの情報を更新しました。
2014-11-18
有名ダイエット成分の効能とはの情報を更新しました。
2014-11-18
効能を考えた選び方とはの情報を更新しました。
ページ上に戻る